バッチプロセスの終点予測やバッチプロファイルの設計

以下の記事で紹介させていただいた、バッチプロセスの終点予測とバッチプロファイルの設計について、ここ一週間で多くの反響をいただきましたので、補足しながら丁寧に説明したいと思います。 まず今回のバッチプロセスで前提...

2023年4月からの博士研究員(ポスドク)または研究員を一名募集します!

環境省の「令和4年度地域資源循環を通じた脱炭素化に向けた革新的触媒技術の開発・実証事業」に、金子が共同実施者として参画する研究課題「革新的多元素ナノ合金触媒・反応場活用による省エネ地域資源循環を実現する技術開発」が採択され、プロジェクトが進...

3年ぶりの海外!ICPAC KK 2022@Kota Kinabalu に学生たちといってきました!

2022 年 11 月 21 日から 27 日までマレーシアのコタ・キナバルで開催されていた International Congress on Pure & Applied Chemistry Kota Kinabalu 2022...

バッチプロセスにおいてバッチ時間の異なるバッチを含むデータセットを用いた、バッチプロセスの終点予測やバッチプロファイル(時間含む)を設計する手法を開発しました [金子研論文]

金子研の論文が Computers & Chemical Engineering に掲載されましたので、ご紹介します。タイトルは Direct prediction of the batch time and proc...

村岡恒輝 氏を明治大学生田キャンパスにお招きして講演していただきました

2022年10月24日(月)に、東京大学で助教をされている村岡恒輝 氏を明治大学生田キャンパスにお招きしまして、ゼオライトやその合成・設計・解析に関するご講演をしていただきました。村岡先生が研究されているゼオライトの計算科学や機械学習による...

Datachemical LABで欠損値補完ができるようになりました

Datachemical LAB をご利用いただいている方も増え続けており、嬉しい限りです。これまでご紹介させていただいた通り、Datachemical LAB を使用することで、データの前処理・データの可視化・回帰分析・モデルの逆解析・モ...

回帰モデルを運用するまでの、モデルの評価方法の整理

分子設計・材料設計・プロセス設計・プロセス管理において、分子記述子・合成条件・製造条件・評価条件・プロセス条件・プロセス変数などの特徴量 x と材料の物性・活性・特性や製品品質 y との間で数理モデル y = f(x) を構築し、構築された...

Leverage、トレーニングデータにおける各サンプルのyに対する影響力を考える

分子設計・材料設計・プロセス設計・プロセス管理において、分子記述子・合成条件・製造条件・評価条件・プロセス条件・プロセス変数などの特徴量 x と材料の物性・活性・特性や製品品質などの目的変数 y との間で、データセットを用いて数理モデル y...

全体的な変数重要度(特徴量重要度)と局所的な変数(特徴量)の寄与度の考え方の違いと使い分け

分子設計・材料設計・プロセス設計・プロセス管理において、分子記述子・合成条件・製造条件・評価条件・プロセス条件・プロセス変数 x と材料の物性・活性・特性や製品品質 y との間で数理モデル y = f(x) を用いて、x の値から y の値...

材料合成における原料の物性値の活用方法

材料設計やプロセス設計において、合金や高分子などの複数の原料を混合するプロセスを経て得られる材料を設計することがあります。材料の特徴量や材料を合成・製造するプロセスの特徴量 x と、材料の物性・活性・特性 y との間で、データセットを用いて...
タイトルとURLをコピーしました