論文

機械学習によりバッチプロセスの特徴量化および直接的逆解析を行う手法を開発しました![金子研論文]

金子研の論文が Case Studies in Chemical and Environmental Engineering に掲載されましたので、ご紹介します。タイトルは Design of batch process wi...

物性・活性・特性の目的変数が目標値となる分子の化学構造を直接的に生成する手法を開発しました![金子研論文]

金子研の論文が Journal of Chemical Information and Modeling に掲載されましたので、ご紹介します。タイトルは De Novo Direct Inverse QSPR/QSAR: Ch...

化合物の情報を考慮したベイズ最適化をする際の初期サンプル選択に、クラスタリングを用いたほうがよいことを確認しました![金子研論文]

金子研の論文が ACS Omega に掲載されましたので、ご紹介します。タイトルは Initial Sample Selection in Bayesian Optimization for Combinatorial Opt...

プロセスインフォマティクス・ベイズ最適化を活用して多様な結晶サイズおよび形態をもつチタン酸リチウムの開発を効率化しました![信州大学&金子研の共同研究論文]

信州大学と金子研における共同研究の成果の論文が Industrial & Engineering Chemistry Research に掲載されましたので、ご紹介します。タイトルは Process-Informati...

非線形回帰モデルを局所的に解釈する手法を開発しました [金子研論文]

金子研の論文が Digital Chemical Engineering に掲載されましたので、ご紹介します。タイトルは Local interpretation of nonlinear regression model w...

マテリアルズインフォマティクスとプロセスインフォマティックスを融合して材料の合成条件と製品のプロセス条件を同時に設計する手法を開発しました![金子研論文]

金子研の論文が ACS Omega に掲載されましたので、ご紹介します。タイトルは Integration of Materials and Process Informatics: Metal Oxide and P...

バッチプロセスの終点予測やバッチプロファイルの設計

以下の記事で紹介させていただいた、バッチプロセスの終点予測とバッチプロファイルの設計について、ここ一週間で多くの反響をいただきましたので、補足しながら丁寧に説明したいと思います。 まず今回のバッチプロセスで前提...

バッチプロセスにおいてバッチ時間の異なるバッチを含むデータセットを用いた、バッチプロセスの終点予測やバッチプロファイル(時間含む)を設計する手法を開発しました [金子研論文]

金子研の論文が Computers & Chemical Engineering に掲載されましたので、ご紹介します。タイトルは Direct prediction of the batch time and proc...

Cross-validated Permutation Feature Importance(CVPFI)~任意の回帰分析手法で、説明変数間の相関関係を考慮しながら安定的に変数重要度(特徴量重要度)を計算する手法[金子研論文]

金子研の論文が Analytical Science Advances に掲載されましたので、ご紹介します。タイトルは Cross-validated permutation feature importance consid...

DFT計算とベイズ最適化、そしてドメイン知識を駆使して新たな有機半導体材料の分子を開発しました![パナソニック&金子研の共同研究論文]

パナソニックと金子研における共同研究の成果の論文が The Journal of Physical Chemistry A に掲載されましたので、ご紹介します。タイトルは Design of Molecules with Lo...
タイトルとURLをコピーしました