プロセス制御・プロセス管理・ソフトセンサー

転移学習の方法の選び方

分子設計・材料設計・プロセス設計において、分子記述子や合成条件・製造条件・プロセス条件などの特徴量 x と物性・活性・特性などの目的変数 y の間で、データセットを用いて機械学習により数理モデル y = f(x) を構築したり、構築されたモ...

化学・化学工学分野におけるデータ解析・機械学習クラウドサービス「Datachemical LAB」

化学・化学工学分野におけるデータ解析・機械学習が、プログラミングなしでできるクラウドサービス「Datachemical LAB」を開発し、提供を開始しましたので、ご案内します。プレスリリースは以下をご覧ください。 Da...

博士研究員(ポスドク)または研究員を複数名募集します![2022年4月-2030年3月]

環境省の「令和4年度地域資源循環を通じた脱炭素化に向けた革新的触媒技術の開発・実証事業」に、金子が共同実施者として参画する研究課題「革新的多元素ナノ合金触媒・反応場活用による省エネ地域資源循環を実現する技術開発」が採択されました。 こ...

機械学習、特に教師あり学習をする際の特徴量データの準備の方針

分子設計・材料設計・プロセス設計において、分子記述子や合成条件・製造条件やプロセス条件などの特徴量 x と物性・活性・特性などの目的変数 y との間でデータセットに基づいて教師あり学習により数理モデル y = f(x) を構築したり、構築し...

Elastic net をすれば、OLS, RR, LASSO はしなくてよいのか?

こちら↓で解説したように、最小二乗法による線形重回帰分析 (Ordinary Least Squares, OLS), リッジ回帰 (Ridge Regression, RR), Least Absolute Shrinkage and S...

結局、「次元の呪い」は何が問題なのか?解決方法は?

データ解析や機械学習をしている方は、「次元の呪い」 という問題があることを聞いたことがあるかもしれません。「次元」という言葉があるように、分子記述子・合成条件・製造条件・プロセス条件・プロセス変数などの変数もしくは特徴量が多いときに生じる問...

時系列データにおけるモデル適用範囲

目的変数 y と説明変数 x のデータを準備して、x と y の間で数理モデル y = f(x) を構築し、モデルに基づいて x の値から y の値を予測したり、y の値が目標値になるような x の値を設計したりします。モデルで予測するとき...

同じ実験条件で繰り返し実験するのは、最後だけでよいのでは?~(適応的)実験計画法のススメ~

高機能性材料の研究・開発をするとき、材料の合成条件等の実験条件を変えながら実験し、結果を確認します。もちろん再現性も大事なので、同じ実験条件で繰り返し実験します。3 回や 5 回が多いと思います。いわゆる n = 3, n = 5 です。た...

既存のデータセットがある場合に実験計画法で今後の実験条件を求める方法

適応的実験計画法の話です。 分子設計や材料設計やプロセス設計において、まだデータセットがないとき、最初に実験やシミュレーションするための分子・合成条件・製造条件・プロセス条件といった説明変数 x の値を実験計画...

サンプルごとに目的変数の値が複数あったり分布をもったりするときの解析方法

分子設計、材料設計、プロセス設計、プロセス管理・制御において、分子記述子・実験条件・製造条件・プロセス条件・プロセス変数などの説明変数 x と物性・活性・特性などの目的変数 y の間で、データセットを用いて数理モデル y = f(x) を構...
タイトルとURLをコピーしました