初めてのカンボジア International Congress on Pure & Applied Chemistry (ICPAC) 2018@Siem Reap

シェアする

2018年3月7日から10日までカンボジアのシェリムアップ (アンコール・ワット、アンコール・トムの近く) で開催された ICPAC2018 において、招待講演をさせていただいてきました。招待していただいた北海道大学の高橋先生に感謝です。

基本的に5つの部屋でいくつかのセッションが並行して進行していました。セッションはこちらです。

  • Organic and Biomolecular Chemistry (OBC)
  • Physical Chemistry and Catalysis (PCC)
  • Inorganic and Coordination Chemistry (ICC)
  • Polymer and Materials Chemistry (PMC)
  • Analytical and Environmental Chemistry & Engineering (AEC)
  • Food and Medicinal Chemistry (FMC)
  • ICPAC General Session (IGS)

わたしは ICPAC General Session (IGS) で講演しました。そのときの質疑応答を以下にまとめます。実際は英語でのやりとりでした。

===

質問1: 物性を推定するとき、水との相互作用は考慮されているか?

回答1:今回は考慮していません。ただ記述子を変えることで考慮することができます。

===

質問2:違う物性にも応用できるか?

回答2:はい。今回の方法は物性、活性、記述子に依存していません。他の物性にも適用可能です。

===

学会のツアーや町中での写真です。

アンコール・ワット

 

 

タ・プロム

アンコール・トム (バイヨン)

パブ・ストリート

以上です。

質問やコメントなどありましたら、twitter, facebook, メールなどでご連絡いただけるとうれしいです。

シェアする

フォローする