データ化学工学研究室(金子研)のゼミ合宿

シェアする

2018年度のデータ化学工学研究室 (金子研) のゼミ合宿は、鬼怒川温泉で開催されます。ちなみに2017年度は熱海でした。

温泉地なので温泉に入ったり、観光したり、お酒を飲んだりしますが、ゼミ合宿の名前の通り、ゼミをします。このゼミでは、

適当なデータセットを入手して、回帰モデル or クラス分類モデルを構築し、構築したモデルを逆解析した結果を報告

してもらいます。四年生の中にも、すでにそれぞれの研究テーマにそって研究している学生はいますが、手法の勉強やプログラミングなどの新人トレーニングの総仕上げ、といった感じでしょうか。報告に向けた準備期間は2週間です。金子研に入るまでプログラミングや統計・機械学習関係の勉強をしていなかった学生も、新人トレーニング期間を経て、この時期になるとモデルの逆解析までできるようになるわけです。

ちなみに、昨年度は環境関係のデータセットや、地理関係のデータセットが使われていました。今年度は人数が増えましたし、どんなデータを解析しているか、今から楽しみです。

もちろん、それぞれの報告内容に基づいて、研究室メンバー全員で議論します。学生には、議論した結果を受けて、再解析したり、資料を修正したりしてブラッシュアップしてもらいます。そして、9月上旬に報告会の場を設ける予定です。

学生たちの最終的な資料は、金子研オンラインサロン内で共有します。

プロセス・マテリアルズ・ケモインフォマティクスオンラインサロン (金子研オンラインサロン) をやっています!
金子研の外部の方向けに、金子研主催で無料のオンラインサロンをはじめました。slackでやりまして、オンラインサロンのメンバー登録やサロン内で...

オンラインサロンに入っていない方で、もし興味がありましたら金子までご連絡ください。

以上です。

質問やコメントなどありましたら、twitter, facebook, メールなどでご連絡いただけるとうれしいです。

シェアする

フォローする