大学教員のお仕事内容をチラ見してみよう!

シェアする

タイトルの通りで、わたし 金子を例にして、大学教員が普段どんなお仕事をしているのか、書ける範囲で公開します。たまに、「学生が夏休みのときは大学教員も休みなんですよね、いいですね~」 みたいに誤解されている方もいらっしゃいます。ただ実際は、学生が休みのときは講義・実験はありませんが、それ以外の仕事に注力しています。

そんな感じで、ぜひ大学教員を身近に感じてもらえたらと思います!また、大学教員を目指す方々にも参考になればと思います。

一応、学内・学外に分けましたが、境界線はあいまいで適当ですので、参考までに。

学内

  • 講義
  • 実験
  • 講義準備 (資料準備など)
  • 実験準備 (資料準備・機器調整など)
  • 学生の提出物チェック
  • 学生レポートの採点
  • 学生の質問等への対応
  • 来年度に向けたテキスト執筆
  • 学生の研究進捗のチェック
  • 学生の論文チェック
  • 学生の要旨チェック
  • 学生の発表資料 (スライド・ポスターなど) チェック
  • 学生のお悩み相談
  • 論文調査
  • 研究テーマ発掘
  • 来年度のテーマに向けた事前解析
  • 来年度のテーマに向けた実験準備
  • 独自テーマに関する解析
  • 共同研究テーマに関する解析
  • 校務 (会議・打合せ・資料作成など)

学外

  • 論文の執筆
  • 本の執筆
  • 連載記事の執筆
  • 講演・研究発表
  • プレゼン資料作成 (スライド・ポスターなど)
  • 研究室ウェブサイト管理
  • オンラインサロン管理
  • 論文の査読
  • 本の査読
  • 論文誌の編集者としての対応
  • 予算管理
  • 物品購入・管理
  • 出張準備 (学生含む)
  • 予算申請
  • セミナー・講習会など (資料作成含む)
  • いろいろな打合せ (共同研究など)
  • 打合せ (共同研究とか)
  • コンサルティング対応
  • 学外会議

以上の項目がお仕事内容です。いろいろな種類の仕事がありますので、飽きが来ないです。それぞれポコポコ出てきたり消えたりしますので、すべてを一緒にやることはありませんが、普段は8~9割くらいを並行して進めている感じです。なので、大学教員になる人は、マルチタスクで仕事を進められたほうがよいかもしれませんね。

以上です。

質問やコメントなどありましたら、twitter, facebook, メールなどでご連絡いただけるとうれしいです。

シェアする

フォローする